賃貸住宅経営にはどんな融資が?

賃貸住宅経営を成功させるためには、長期的な視点に立ち、安定的な収支計画を立てることが必要です。
収支計画を立てるに当って最も重要なポイントとして、アパートローンの選択があります。
アパートローンの金利種類には「固定金利型」、「変動金利型」、「固定金利期間選択型」の3種類があり、各々のメリット・デメリットは下表のとおりです。

アパートローンの金利の種類とメリット・デメリット
金利種別 固定金利型 変動金利型 固定金利期間選択型
特徴 最初の適用金利が返済終了まで固定され、変わらない 市場金利に応じて適用金利が変わる。長プラ連動と短プラ連動、毎月見直しなどがある 当初2~10年の金利が固定される。選択期間終了後は変動型に戻る(再度固定期間選択も可能)
メリット 金利も返済額も変わらないため返済計画を立てやすい。低金利時に借りれば、ずっと低金利の恩恵を受けられる 低金利時はほかのタイプより金利水準が低い。高金利時に借りると将来の金利低下により負担軽減の可能性がある 固定金利と変動金利の中間の金利水準が多い。双方のメリットを享受できる
デメリット 低金利時は、金利水準が高い。返済途中の一括繰り上げ返済に対してペナルティが科せられることが多い 低金利時に借りた場合、金利上昇リスクがある。金利が大幅に上昇し返済額が急増するおそれがある 固定期間終了後の適用金利が上昇するおそれがある。固定期間中の繰り上げ返済にペナルティがあることが多い

長期に安定的な事業経営を行っていただくためには、支出の大部分を占めるローン返済の変動がもっとも大きな不安要素となるため、金利変動リスクをなくすことが重要なポイントになってきます。
その意味では、低金利長期固定の「住宅金融支援機構融資」の活用が賃貸住宅事業開始に当って有力な選択肢を与えてくれています。

住宅金融支援機構 賃貸住宅融資メニュー

詳細は住宅金融支援機構のウェブサイトでご確認ください。
賃貸住宅融資のご案内:住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)

公社の融資に関する事業については、こちらをご覧ください。
公社の事業