調査研究事業

住まいと人をテーマに調査・研究を行います。専門的な立場から、「住まいと人」に関する調査・研究を行います。その成果を、公社の業務に活用するとともに、幅広く社会に還元します。

調査研究事業2つのメリット

よりよい住まいづくりをめざして

皆さまのよりよい賃貸住宅経営のために、これまでに改良公社が培った知識と経験を活かして調査・研究を行ってまいります。

調査・研究の成果を社会に還元します

調査・研究の成果は改良公社だけではなく、官公庁などやシンクタンクなど社会で幅広く利活用されることをめざします。

調査研究事業の概要

調査研究事業

report

最近行った調査・研究には以下のようなものがあります。

  • 賃貸住宅等の不動産投資の現状及び将来予測に関する調査(平成28年度)
  • 賃貸住宅における不動産流通(取引)の現状等に関する調査(平成27年度)
  • 「賃貸住宅市場の現況と中長期見通し」に関する調査研究(平成25年度及び平成26年度)
  • サービス付き高齢者向け住宅に関する調査(平成24年度)
  • サービス付き高齢者向け住宅の今後の動向に関する調査(平成23年度)
  • 高齢者専用賃貸住宅に関する調査(平成22年度)

PDF閲覧はこちら

広報事業

harmony_74

賃貸住宅オーナーのための総合情報誌「HARMONY」を発行しています。

PDF閲覧はこちら