融資保証事業

あなたが住宅金融支援機構(旧公庫)から融資を受ける際に、住宅改良開発公社が連帯保証人になります。住宅金融支援機構、沖縄振興開発金融公庫から賃貸住宅建設資金を借り入れされる際、または、すでに融資を受けている方で連帯保証人を変更される場合に、所定の保証料をご負担いただくことで公社が連帯保証人になります。

融資のメリットと流れ

住宅金融支援機構の賃貸住宅融資を、改良公社が機関保証します。連帯保証人を依頼する必要がなく、安心して事業を進められます。また、手続きにおいてもスムーズに行えるよう支援をさせていただきます。

事業の概要

住宅金融支援機構から融資を受けて賃貸住宅を建設する場合などには連帯保証人が必要になります。公社では、お客様に所定の保証料をご負担いただくことで、連帯保証人となり、機構に保証責任を負います。

公社や事業のご案内パンフレット、保証委託関連の書類は以下からどうぞ。
資料・書式ダウンロード