沿革・組織図・役員名簿

profile01

一般財団法人 住宅改良開発公社は、お客様の身近なコンサルタント・信頼できるパ-トナ-として、お手伝いします。
公社は、首都圏をはじめ全国の主要都市の街づくりをお手伝いしてきました。その豊かな経験と実績をもとに、お客様の大切な土地を、未来のために有効に活用できるようお手伝いします。
なんでもご相談いただけるコンサルタント、ともに未来を創るパ-トナ-として、一般財団法人住宅改良開発公社をお気軽にご利用ください。

公社の概要

本社 東京都千代田区五番町14番地の1
理事長 塩島 高雄
設立 一般財団法人 平成24年4月1日
( 財団法人 昭和30年12月1日 )
基本財産 1億円
役職員数 105名

(平成29年7月1日現在)

沿革

昭和30年 財団法人 住宅改良公社設立(東京都知事許可 30,12.1)
昭和40年 業務地域を全国に拡大(建設大臣許可 40.11.30)
昭和43年 大阪支社開設(43.1.1)
昭和45年 福岡支社開設(45.3.18)
名称変更 財団法人 住宅改良開発公社(45.9.30)
昭和48年 仙台支社開設(48.12.1)
昭和50年 札幌事務所設置(50.4.21)
昭和51年 札幌支社開設(51.4.1)
名古屋事務所設置(51.10.15)
昭和53年 名古屋支社開設(53.4.10)
昭和56年 広島事務所設置(56.6.16)
昭和57年 広島支社開設(57.12.1)
平成元年 大阪支社四国出張所設置(1.4.1)
平成3年 本部高崎分室設置(3.4.1)
平成6年 本部高崎営業所開設(6.4.1)
大阪支社四国営業所開設(6.4.1)
平成10年 高崎支社開設(10.3.1)
平成13年 中央省庁再編により国土交通大臣許可法人に所管替え (13.1.6)
平成17年 首都圏本部設置(17.4.1)
平成19年 水道橋受付センター開設(19.5.14)
平成22年 大阪支社に四国営業所を統合(22.4.1)
平成24年 一般財団法人に移行(24.4.1)

組織図

soshikizu

役員名簿

役職名 氏名
理事長(常勤) 塩島 高雄
専務理事(常勤) 渡辺 秀樹
理事(常勤) 髙岩 信光
理事(常勤) 小田島 龍浩
理事(常勤) 北田 仁志
理事(非常勤) 島田 耕一
理事(非常勤) 松尾 致
理事(非常勤) 梅田 秀一
監事(常勤) 戸村 洋
監事(常勤) 脇田 修
監事(非常勤) 吉川 廣

(平成29年7月1日現在)

コンプライアンス憲章

一般財団法人住宅改良開発公社は、コンプライアンスを経営の最重要課題のひとつとして位置づけ、企業倫理の確立とコンプライアンス態勢の充実・強化に努めております。当公社は、この憲章ならびにその精神を遵守し、高い倫理観をもって日々の業務活動を遂行してまいります。

信頼の確立

当公社としての社会的責任と公共的使命の重要性を常に認識し、健全かつ適切な業務運営を通じて、お客様や社会からの長期にわたる揺ぎない信頼の確立を図ります。

法令等の厳格な遵守

あらゆる法令、社会規範等を遵守し、誠実かつ公正な業務執行に努めます。

情報の適切な管理

業務上知り得たお客様に関する情報の取扱いについては、細心の注意を払い、外部に漏洩しないよう厳正に管理します。

公正かつ透明な企業活動

公正な企業活動を行うとともに、適時適切な情報開示を積極的かつ公正に行い、経営の信頼性・透明性の確保に努めます。

反社会的勢力に対する対応

社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力に対しては、警察等とも連携して、毅然とした姿勢で臨みます。

適切かつ十分な説明

お客様に対して、商品やサービスの正確かつ適切な情報を提供するとともに、法令等に従い、適切かつ十分な説明を行います。また、お客様の声を謙虚に受け止め、 経営に反映します。

人格・個性の尊重

役職員一人ひとりの人格及び個性を尊重し、働きやすい職場環境の確保に努めます。

問題発生時における迅速かつ的確な対応

本憲章に抵触する問題等が発生した場合には、速やかに事実関係を把握し、迅速かつ的確に対応します。

公社パンフレット

get_adobe_reader
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。